f:id:tett_k2:20120227004852j:image:w600
先週頭は仕事が追い込みに入る中、これまで体験したことのないようなブリザードに見舞われ、玉突き事故に巻き込まれる。聴取の後、車はあちこち破壊されてベコベコになっているものの動く(笑)のでめげずに職場に向かったがしかし、通勤路は職場に近づくにつれて事故渋滞でぴくりとも動かず。
写真は風が弱まった時のもの、風が弱まってこの状態。強くなると手前の車(距離にしておよそ3メートル)のランプさえ全く見えなくなる状態で、この地の冬が本気を出すとどんだけ恐いものか思い知らされる。
やっぱり白系の車は極端に見えづらくなるね。北海道では白い車を禁止する方がいいかも知れない。