今年の新種牡馬のルーラーシップとリーチザクラウン。

どちらにも共通なのが、好位で競馬、ができない。

そんな血脈が産駒にも受け継がれているようです。

 

新潟2歳ステークスで上位人気だったイブキ。

高速馬場が合わなかったのか、中山でまさかの逃げ切り。

田辺騎手は楽に先行させるとほんとに怖い。

ホウホウパヒュームのように追い込みの有力馬も抱えていることもあり、今年は東西リーディング、本気で狙えるんじゃ?

馬質がデムーロ、ルメール、戸崎より落ちるはずなのにこれだけ勝てるってのは。

くすぶっていた時代が信じられませんが、もともと腕は確かだった、ってことなんでしょう。

www.youtube.com